ZUOU BLOG JAPAN

社会人5年目のディズニーを中心とするブログ。グッズ紹介やイベントなど楽しいことは全てやって行きたい!をモットーにしてます。

上手い人はみんなやってる!ファンタズミック撮影のコツ3選

f:id:Zuou-0111:20180813210540p:image

唐突ですが、皆さんディズニー楽しんでますか?

久しぶりにディズニーの記事を書きます。

 

今回は、ファンタズミック!の写真設定とコツをお伝えしようと思います。

 

個人的に良いと思った設定と方法なので、他の方とは意見が違うかも知れませんが

 

「そんな方法もあるのか〜」くらいに見ていただければと思います。

また、カメラの話からしていきますので長くなります!!

 

設定だけ知りたい人は、下の目次から飛ばしてください

 

▼目次▼

 

まず、前提として僕が使っているカメラはマイクロフォーサーズ機“です。

フルサイズ機での設定ではないので、そこは注意してください。

 

説明の前に1枚写真をお見せします。

 

僕が撮った写真はコレです

 

f:id:Zuou-0111:20180813102304j:image

 

トリミングはしていません。

 

どうですか?

フルサイズやAPS-Cサイズと並べて比較すると確かに劣りますが、ここまで取れれば、ある程度満足出来る方も多いのではないでしょうか?

 

フルサイズ?マイクロフォーサーズ

 

さっきから、マイクロフォーサーズとかフルサイズと言ってるけどなんぞや?

と思っている方もいると思うので軽く説明します。

 

f:id:Zuou-0111:20180813103006p:image

 

カメラを初めて、色々調べているとこんな図を目にすることがあります。

これは、カメラのセンサーサイズの比較図です。

 

詳しい説明は、色々なブログで紹介があるのでそこを見ていただければ良いのですが、

 

簡単の述べると、センサーが大きい方がを取り込める

 

ということです。

 

バドミントンやテニスもラケットの面積が大きい方が玉に当てやすいですよね?

 

そういうことです。

 

光を取り込みやすければ、より暗い所でも明るく写真が撮れるという訳です。

 

夜の撮影ではこの“光を取り込む量”がとても重要になって来ます。

 

では、マイクロフォーサーズはどの位置にいるか見て見ましょう

 

f:id:Zuou-0111:20180813103823p:image

 

赤い線で囲っている部分です。

 

一番良いと言われるフルサイズと比べると2段階程下がりますね。

 

それならフルサイズの方がいいじゃん!とお思いの貴方!!

 

まあ、フルサイズが買えるならそれはそれで幸せになれると思います。

ただ、後半でも述べますが、誰でもフルサイズが買える!っていう値段ではねいのですよ

 

だが!!!マイクロフォーサーズにもメリットはあります。

 

マイクロフォーサーズのメリット

 

メリットは以下に挙げます

  • 望遠に強い
  • 価格が安い(フルサイズに比べて)
  • コンパクト
  • レンズが豊富

 

望遠に強い

マイクロフォーサーズはフルサイズに比べ2段階程下に位置してると述べましたが、センサーサイズによって焦点距離も変わってきます。マイクロフォーサーズ35mm換算で×2倍の焦点距離となります。

※35mm換算とは一眼用フィルムサイズの事で、現在のデジカメではこのサイズを基準として画角を換算表記しています。

 

要は、全身鏡で自分を見れば、全身が映りますが、半分くらいの鏡で見れば、胴体くらいまでしか映らないと言うことです。

 

f:id:Zuou-0111:20180813213132j:image

 

となると、カメラに写るのは、フルサイズに比べズームされた画角になりますよね??

※正確に言えば鏡とは例えがズレてますが、頭の整理としてはこんなイメージです。

 

ファンタズミック!はかなり遠くにミッキーがいます。

それを、狙うには望遠は必須です。

 

焦点距離が2倍になることで、フルサイズなどに比べよりミッキーの近くまで寄ることができます。

 

 

価格が安い

NIKONのフルサイズ機ではボディのみで大体35万とかですかね。

Canonでも物によっては同じくらいです。

 

レンズ込みで軽く50万いきます。

 

マイクロフォーサーズ機はハイエンドモデルでもレンズ込みで30万いかないくらいで買えます。

大体!!!

 

コンパクト

フルサイズ機はデカイ!!の一言です。

いや、プロならいいんですよ?

それか、写真に命かけてる人とか

 

ただ、年パス無いし、中々来れない人達は、カメラだけで荷物の重量増やしたく無いですよね??

 

マイクロフォーサーズは軽量・コンパクトが売りと言ってもいいです!!

 

コンパクトな理由には先程述べたセンサーサイズが関わっています。

画角が2倍になるって事は、レンズが軽く、小さくても他のレンズと同じ画角を再現できますよね?

 

 

レンズが豊富

マイクロフォーサーズの強みは、レンズが豊富にある事です。

何故か

 

マイクロフォーサーズとは、PanasonicOLYMPUS共同開発した規格です

 

そのため、他のカメラにはない2社からレンズを選ぶ事ができるという事です!!!!

素晴らしい!!

 

但し、これには少し語弊があり、選べるが問題も、、、という話です。

気になる方は調べてみてください。

 

ヒントは手ブレです。※最近は改善もされてますが。

 

カメラ設定について

 

はい!では長々とおまたせしました!!!!

 

本題に移ります。

 

ファンタズミック!で綺麗な写真を撮るためにはどんな設定がいいのか!!!

 

以下にまとめます。

 

 

 

ちなみに、レンズの焦点距離は可能であれば35mm換算で400mm以上は欲しいです。

 

この設定で僕はいつも写真を撮っています。

 

f:id:Zuou-0111:20180813215412j:image

 

 

撮影のコツは?

 

撮影のコツは

 

  1. パイロ(花火)が上がった瞬間を狙う
  2. MF(マニュアルフォーカス)にする
  3. 連写する

 

ですかね。

 

パイロが上がった瞬間出ないと、やはり暗いので綺麗には撮れません。なので、その瞬間をひたすら連写します。

 

あとは、これ大事!!

普段写真を撮る際にAF(オートフォーカス)を使っていると思います。

ですが、ファンタズミック!などの夜のショーでは、フォーカスがかなり迷います。

なので、MFでピントを合わせたらそこで固定しておきましょう。

※僕はフォーカスリングをマステで止めてます

 

編集作業は必要か?

 

撮影以外で大切な事は編集です。

所謂、RAW現像ってやつですね。

 

RAW現像とは?

RAWデータとは、“RAW(「生」または「未加工」)”に近い状態で保存された、デジタル一眼カメラや コンパクトデジタルカメラの写真ファイル形式の一種です。JPEG撮影のようにカメラによる色調補正処理を挟むことのない、撮影したそのままの状態である ため、調整次第で写真の雰囲気を柔軟に変化させることができます。そのRAWデータの調整のことを銀塩カメラのフィルム現像に準えてRAW現像と呼び、そ れこそがデジタル写真の醍醐味のひとつといえます。
 
私は、このRAW現像をLightroomで行なっています。
Photoshopは難しくて良くわからん。。。

 

 

現像前と現像後の写真を貼ります

 


f:id:Zuou-0111:20180814093056j:image

f:id:Zuou-0111:20180814093100j:image

左:現像前 右:現像後

 

どうですか?だいぶ明るさ変わりますよね?

これは、どの写真でも大切な工程です。RAW撮影は容量が大きくなり読み込みにもスペックが物を言いますが、失敗したく無い時は、極力RAWで撮るようにしてます

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか

 

本題に入るまでが、長すぎて飽きそうな記事ですが、好きなように書いてみました。

 

あまり、教えたく無い内容ですが、今回は有難いことに、読者数が増えてきたため公開しようと思いました。

 

皆さんが、満足いく写真が撮れる事を願ってます。この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

一応、下に使っている機材のリンクを貼っておきますので、興味あればチェックしてみてください。

 

需要があれば、他の撮影のコツも書いていきたいと思います。

 

他の写真が見たい!と思っていただける希少な方がいれば、Instagramのリンクも貼っておくので、見てみてください。リクエストもお受けいたします!!

 

長い記事でしたが、お付き合いありがとうございました。

 

でわ👋

 

 

🌟Twitter Instagramもやってます🌟

よろしければ、フォローお願いします🤲

Instagram

https://www.instagram.com/zuou_snap

Twitter

https://mobile.twitter.com/Zuou2

 

《使用機材》